ウイングド・ウィールオンラインストア

お手紙や季節のはがきについて / 報告&季節のはがき / 喪中はがき

あたたかさを感じる喪中はがき


秋も深まる頃になると、喪中はがきのご準備をされる方も
いらっしゃることでしょう。

ショップのスタッフによりますと、最近は
「さみしすぎない、温かさを感じる喪中はがき」を
探されている方が多いそうです。

ご本人らしくない や、はがきを送る人(私)らしくない、
受け取った方がさみしすぎる気持ちになって欲しくないなどが
よく伺う理由とのことでした。


mochu

ウイングドウィールの喪中はがきは
抑え目で落ち着いた雰囲気。
喪中のお知らせとして失礼なくお使いいただけます。


あたたかさや温もりは、手触りからも伝わります。

marugiku
紙は上質なコットンペーパーを選び

つるつるした質感ではなくさっくりした紙質。
やわらかな印象の喪中はがきに仕上げています。


紙の色は、スノーホワイトや、きなりのようなナチュラルをご用意。

ナチュラルの紙にグレイで印刷喪中はがきすると
文字が強すぎず、落ち着いた中にも優しさを感じるはがきになりますよ。


kiku
デザイン部分の印刷は少し凹みを感じる活版印刷。
素朴な味わいで、手にした時に控えめながら
あたたかさとセンスが感じられます。

*****

喪中はがきは、ある程度形式に沿って
お知らせされるべきものかもしれません。

ですが、故人をよく知る人にとっては、多少型通りでなくても
温かみや気持ちが伝わるようなはがきを使いたい…と考えるのは
自然なことのように思います。

*私製はがきとなりますので、切手を貼ってご投函ください。
(一般的には弔事用の切手を使います)


喪中はがきの印刷についてはこちらからご覧ください。
喪中はがき

© Winged Wheel

大阪府公安委員会 第 622170167299 号
株式会社 羽車