ウイングド・ウィールオンラインストア

結婚式招待状・席次表について / 文例集 / 時候のあいさつ

時候の挨拶 選び方

結婚式の招待状は、ある程度形式にのっとって書かれる正式なお手紙。

お手紙の要素のひとつである「時候のあいさつ」を入れる場合がほとんどです。

謹啓(←謹んで申し上げます の意味)
盛夏の候 皆さまにおかれましてはますますご清栄のことと〜
↑この赤字部分が時候のあいさつ。

時候のあいさつが入ると、手紙がいきいきとしますし、
「このような季節柄ですが、皆さまお変わりなくお過ごしでしょうか?」という
相手を気遣う気持ちが添えられるように思いますね。

時候の挨拶は、投函月の言葉を選びます。
たとえば7月の投函なら、
・盛夏の候
・大暑の候
・夏空の青さがまぶしいこのごろ
・夜空を花火が美しく彩る季節となりました このような言葉があります。

暑中見舞いでしたら、
「酷暑の折 皆さまお変わりなく〜」などと書きますが
ウエディングの招待状ですから、なるべく雰囲気のよい言葉、
たとえば「盛夏の候」(夏の盛りとなりましたが)などを選びたいですね。

また、招待状の文面が、カジュアルな文体でしたら
○○の候 より
○○の季節となりました などの方が
文面全体の流れがしっくりくると思いますよ。

結婚式招待状・席次表について / 文例集 / 時候のあいさつ

時候のあいさつ7月

今東京は梅雨の真っ只中。
でも時おり雨の合間に差す太陽は、もうすっかり夏です。
じりじりした暑さを思い出しますね。

 
7月は秋挙式のご招待状を投函される方が
たくさんいらっしゃると思います。
明るいエネルギーいっぱいの夏にむけた
時候の挨拶を探してみましたよ。

ご両親のお名前で出される招待状など
フォーマル感が強い文章にオススメな漢語調では…

 ■仲夏の候(仲夏とは6月はじめの芒種~7月はじめの小暑までのこと)
■小暑の候(小暑とは7月7日ころのこと・小はややという意味)
■向暑の候(日増しに暑くなること)
■盛夏の候(梅雨明けから立秋まで。立秋は8月7日頃)
■大暑の候(7月23日頃のこと)

 
少しやわらかな表現、口語調はこちら。

 7月も上旬ならば
■日ごとに暑さの増す今日この頃
■本格的な夏の訪れが待ち遠しいこのごろ
■睡蓮の花が美しい季節となりました

 
梅雨も明けたころならば
■梅雨も明け夏本番の暑さとなりました
■夏空の青さがまぶしいこのごろ
■夜空を花火が美しく彩る季節となりました
■海山が恋しく思われる季節となりました
■夏の太陽がまぶしい季節となりました
■緑の木陰が心地よい季節になりました

 
一年で最も日照時間が長い日、「夏至」は6月21日頃。
梅雨空の日本では、あまり意識できないですね。

まだ暑さに体が慣れていないころですから
皆さん体調を崩さないようにお過ごしくださいね!

結婚式招待状・席次表について / 文例集 / 時候のあいさつ

時候のあいさつ8月

8月の暑いさなかに招待状を投函する、ということは
秋に挙式な方々。カレンダーをにらみつつ
暑さに負けず、夏休み返上で招待状を作成…
がんばってくださいね!

まだまだ暑さも本番ですが
8月7日は立秋。8月も暦の上では秋なのです。

ですから、特に漢語調の時候の挨拶には
夏の終わり・秋の始まりを思わせる言葉が使われます。

■残暑の候
■晩夏の候
■立秋の候
■秋暑の候(立秋過ぎてなお暑いこと)
■新涼の候(秋のはじめの涼しさのこと)

うだるような暑さの中でも、
次の季節の気配を先取りして感じるような、
そんな気持ちになる言葉ですね。

少しやわらかい表現、口語調ならば

■立秋をすぎなお暑さが続く毎日ですが
■夜空に銀河をあおぎ見るころ
■暦の上ではもう秋となりました
■立秋とは名ばかりの暑さが続く今日この頃

8月も後半ならば

■朝夕の風に心地よさを感じる頃
■空の色も秋めいてまいりました
■虫の音に秋の訪れを感じる今日この頃 など…

ところで残暑お見舞いは、大体8月23日ごろの処暑(暑さが落ち着く、
とされる頃)までに送りましょう。

結婚式招待状・席次表について / 文例集 / 時候のあいさつ

時候のあいさつ9月

日中暑くても夕方には秋の風に変わったように感じる季節。
そんな9月の、招待状に合いそうな時候の挨拶を
探してきましたよ。


改まった招待状や格式を大事にしたい式なら
漢語調の言葉が合います。

■初秋の候(9月上旬向き)
■新秋の候(9月上旬向き)
■新涼の候(秋初めて感じる涼やかさのこと。9月上旬向き)
■秋涼の候
■白露の候
 (草木に白い露がつくようになる頃という意味。9月8日~23日頃をさす)

*○○の候 又は、○○のみぎりと使います。
 どちらも○○の頃になりました、と言う意味です。


少しやわらかい表現、口語調なら
■吹く風の涼しさに季節の移り変わりを感じるこの頃
■秋日和の空が美しい季節となりました
■すがすがしい秋風が心地よい今日この頃
■秋の花が一斉に咲き始めました
■日ごとに秋の色の深まりを感じます  など。


9月を表す時候の挨拶を調べていたら
空や風など、大気の変化を感じるような言葉が多いように思いました。
暑さの中にさわやかで涼しい風を感じると
ちょっと空を見上げてたくなりますものね。

実りの秋はもうすぐです♪

結婚式招待状・席次表について / 文例集 / 時候のあいさつ

時候のあいさつ10月

朝夕はちょっと肌寒く感じますが、日中は心地よい風。
10月は体を動かしたり、お出掛けをするのに心地よい季節です。
実りの秋、食欲の秋。
そして、ご結婚式のシーズンでもありますね。


そんな10月に投函する招待状に合いそうな
時候の挨拶を探してみましたよ。


きちんとした印象、漢語調ならば

■仲秋の候(上旬向き)
■名月の候(上旬向き)
*十五夜のお月見は旧暦の8月15日。今の暦では
 9-10月上旬のお月見のことを言うわけです。

■秋晴れのみぎり
■秋冷の候(秋に感じる冷たさのこと)

中旬から下旬なら
■紅葉の候
■錦秋の候(錦秋とは錦のように色鮮やかな紅葉のこと)


少しやわらかな印象、口語調ならば

■さわやかな秋晴れが続いております
■木々の葉も色づいてまいりました
■山々が秋色に色づく今日この頃
■秋晴れの空が心地よい頃となりました



深まる秋の1歩手前、豊かで色鮮やかな秋。
10月はちょっと都心を離れて郊外に行きたくなりますね。
古くは万葉集にも読まれたという、紅葉の風景。
7~8世紀に生きた人々も色づく木々に心動かされていたのですね♪

結婚式招待状・席次表について / 文例集 / 時候のあいさつ

時候のあいさつ11月


11月に送る結婚式招待状は、来年が挙式の方もいらっしゃるでしょうね。

本格的な寒さになる一歩手前、
11月は紅葉が鮮やかに、町は少し落ち着いて見える季節です。


そんな11月の招待状にふさわしい
時候の挨拶を探してみましたよ。


まず漢語調の時候の挨拶。
11月も上旬なら
■深秋の候
■紅葉の候
■季秋の候 な
暦の上では11月7-8日頃が立冬なのです。

11月中旬から下旬なら
■初霜の候
■向寒の候 など



すこしやわらかい印象、口語調。

上旬~中旬ならば
■秋も日に日に深くなってまいりました
■秋も深まりおだやかな小春日和の今日この頃
■紅葉の美しい季節となりました など

下旬ならば
■冬の気配が近々と感じられるこの頃
■初雪の便りが聞かれる季節となりました など


11月も下旬になると
本格的な寒さはもうすぐそこという
雰囲気になってきますね。


ところで、ときどき耳にする「小春日和」言葉。
小春とは、陰暦10月つまり今の11月頃の
ぽかぽかと暖かい晴れた日のことをさすそうです。

寒さに向かう頃、風邪などひかれませんように。

結婚式招待状・席次表について / 文例集 / 時候のあいさつ

時候のあいさつ12月

いよいよ一年最後の月を迎えました。

12月は何かと気忙しくなりますね。
この時期に送る招待状は、25日位までに届くように投函すると
相手の方の負担にもならずよいかもしれませんね。


招待状は冬に届くのですが、
式自体は2月~3月という方が多いでしょう。
受け取った方は、春の幸せな式のお誘いに
あたたかい気持ちになるかもしれません。


寒さも一段と厳しくなる12月の招待状にふさわしい時候のあいさつ、
今回も探してみましたよ。


きちんとした印象、形式を重んじる文章にあわせるなら
漢語調

■初冬の候(上旬向け)
■初雪の候(地域によって使い分けが必要そうですね)
■新雪の候(同上)
■師走の候
■霜夜の候 など


少しやわらかい印象、口語調ならば

■本格的な冬の到来を思わせる寒さです
■初雪の便りが各地から届くころ
■寒椿が美しい季節を迎えました
■年の瀬を迎えるころとなりました
■粉雪の舞う季節を迎えました  など。



さて、このブログでは、
時候の挨拶の中でも特に「招待状にふさわしいのでは?」と
感じた
言葉を選んでご紹介してきたつもりですが、いかがでしょうか。

普段なかなか使わない言葉も多いのですが
季節の移り変わりを感じて愛でる言葉っていいものですね。
私たちの生活やこころに
深くかかわっているなあ、と
新たな発見をしたような気持ちです。

ご参考にしていただければ幸いです♪


結婚式招待状・席次表について / 文例集 / 時候のあいさつ

時候のあいさつ1月

1月は春挙式の方が招待状を投函される頃。

お正月も終わり少しずつ忙しい日常に戻りつつ、寒さが一段と厳しくなる1月。
そんな1月におすすめの時候の挨拶をご紹介します。


漢語的な言い方では
■初春の候
■新春の候
■春寒のみぎりなど…
*みぎり とは、~の候(~の季節となりました、というニュアンス)を
少しやわらかく表現した言い方。口語ではあまり使われない表現ですね。

口語調の少しやわらかな時候の挨拶は
■新春とは名ばかりの厳しい寒さが続いております
■本格的な寒さとなりました

1月はどうしても寒さが強調されるような表現が多いですね。

結婚式招待状にふさわしいような
晴れやかな雰囲気の時候の挨拶はないのかなと、少し調べてみましたよ。

■新春の光のどかな季節となりました
■初春にふさわしくおだやかな天気が続いております
■冬晴れの空が美しい季節となりました
*冬晴れ=穏やかに晴れた冬の日のこと。

■福寿草のちいさな花が咲き始めました
*福寿草は新春に咲く小さな黄色の花。
別名「朔日草(ついたちそう)」とも。ちなみに花言葉は
幸福・祝福だそうですよ。

■風花の舞う季節となりました
*風花=晴れた日にちらつく雪のこと。

雪の地域の方でしたら
■雪晴れの青空があざやかな頃


いかがでしょうか?


1月に招待状を発送される場合は
7日(松の内)を過ぎてからの方がよいとプランナーの方に聞きました。
届いた方も気ぜわしさを感じない頃に、という心遣いでしょうか。
どうぞご参考までに。

結婚式招待状・席次表について / 文例集 / 時候のあいさつ

時候のあいさつ2月

2月には、暦の上では春とされる立春(2月3日か4日頃)があります。
冬と春の季節の分かれ目となる「節分」です。
春と言われてもまだまだ寒い日が続く頃ですが
少しずつ近づく春を楽しみにするような時候の挨拶を
つい使いたくなりますよね。

さて、そんな2月に出す招待状に合いそうな
時候の挨拶を調べてみました。

漢語的な表現ならば
■立春の候(2月上旬に使うのがよさそうですね)
■余寒の候(余寒とは春先の寒さのこと)
■春寒の候(春寒とは春に残る寒さのこと)
■向春の候


2月は上旬と下旬で
季節の印象がだいぶ変わるように思うのですが

皆さんはいかがですか。

気温も2月から少しずつ上がっていきますし

気温だけではなくて気持ち的にも2月の下旬は春にぐっと近づく気がします。

ですから、2月の上旬に投函するなら
■晩冬の候
■立春とは名ばかりの寒さが続きます

2月の下旬に投函するなら
■寒さもそろそろやわらいでまいりました
■寒さの中にも春の訪れが感じられる頃
■本格的な春の訪れが待ち遠しいこの頃
…のように言葉を変えると、よりその時期らしい
季節感が伝わりそうですね。

また、少しずつ咲き始める花や動物などをとり入れると
ちょっと気持ちが和み、温かな手紙風の書き出しになりますね。
■梅花の候
■梅のつぼみもそろそろふくらむころ
■梅の香りが漂う頃となりました
■うぐいすの初音に春の訪れを感じるころ
■ふきのとうが春を告げる季節となりました
こんな感じはいかがでしょう。


ところで
時候の挨拶と本文の「調子」は
合わせるようにするとよいですね。
例えば、ご両親のお名前でご媒酌人もお願いしているような
格式を重んじるような文章でしたら、漢語調の時候の挨拶がふさわしいでしょう。
全体的に口語調のやわらかい雰囲気の文章でしたら
身近な植物などの言葉を取り入れるとより文章がいきいきとしますよね。


慣れない言葉遣いが多く戸惑いますが、
ぜひぜひ楽しんで招待状づくりをすすめてください♪


結婚式招待状・席次表について / 文例集 / 時候のあいさつ

時候のあいさつ3月

3月。
春らしい暖かな陽光に、お出掛け気分も高まる頃ですね。
卒業・旅立ちの季節…それぞれに思い出のある季節でしょう。
そんな3月に出す招待状に合いそうな時候の挨拶を集めてみました。

漢語調なら
■早春の候(早春とは春先のこと)
■春暖の候
■春風の候(春風とは暖かくやわらかな春の風のこと) など。

3月の上旬ならば春らしさを少しずつ感じるというニュアンスに、
下旬ならばもうすっかり春、といった雰囲気の挨拶を選ぶと
季節感にあった招待状となりそうです。

3月の上~中旬なら
■日増しに暖かくなってまいりました
■明るい日差しに春の気配を感じる頃
■花の便りもあちらこちらから聞こえてきました
■春の訪れが間近に感じられる頃となりました
■桜の開花が待ち遠しい今日この頃 など。

3月も下旬なら
■春風が心地よい季節となりました
■野山の花に春を感じる今日この頃 など。


やはり春の訪れはこころが和みます。
時候の挨拶を見るだけで明るい気分になってきますね。


結婚式招待状・席次表について / 文例集 / 時候のあいさつ

時候のあいさつ4月

いよいよ春本番の4月です。
4月は入学・就職など新しい生活がスターしますね。

さて、そんな4月に出す招待状にあいそうな
時候の挨拶を調べてみました。

漢語調なら
■陽春の候(陽春とは春の盛りという意味)
■仲春(中春)の候
■春爛漫の候
■春暖の候
■春和の候
などでしょうか。
ご両親のお名前で送る、格式を大事にしたい文章には
漢語調の挨拶がしっくりきます。

口語調なら
■春もたけなわとなりました
■うららかな春日和の頃
■花の便りにこころ華やぐ今日この頃
■満開の花に心も浮き立つ今日このごろ
■うららかに春風も心地よい頃
など…

4月も中旬以降なら
■若草萌える季節となりました
■葉桜の季節となりました
などもさわやかな季節への移り変わりのようで
季節感が伝わってきそうです。


もちろん寒い地方にお住まいの方は
この限りではありませんよね。

「雪解けの好季節を迎えました」
「花の便りが待ち遠しい季節となりました」
が3~4月の挨拶になることだってもちろんあります。

今感じる季節感をうまく表現できるような
時候の挨拶を探して見てくださいね。

結婚式招待状・席次表について / 文例集 / 時候のあいさつ

時候のあいさつ5月

5月に送る招待状。
夏の挙式ならでは、涼しげな雰囲気で招待状をお考えの方や
ナイトウエディングのシックな招待状をお探しの方もいらっしゃるでしょうか…?

挙式の時は暑い季節ですが
今は緑きらめく新緑の季節。
そんな5月に送る招待状にふさわしい時候の挨拶、探してみました。


まずは漢語調。
フォーマル感を大事にしたい時やご両親のお名前で送る招待状には
こちらがオススメです。

■新緑の候
■薫風の候(薫風とは若葉の香りただよう初夏のさわやかな風のこと)
■若葉の候
■立夏の候(立夏とは5月6日頃。立春と夏至のちょうど間で夏を感じ始める頃)
■青葉の候


続いて少しやわらかい感じ、
口語調ならば

■風薫るさわやかな季節になりました
■若葉の緑もしだいに色濃くなってまいりました
■夏の気配が漂いはじめる今日この頃
■新緑のまぶしい季節となりました
■若葉の香りが漂う好季節を迎えました

…5月はさわやかで過ごしやすい、いい季節。
梅雨までの快適な季節を、目で楽しみ、漂う香りに遊び
風を肌で感じるような時候の挨拶が並びました。

時候の挨拶を調べているだけでもすがすがしい気分になってきますね。

結婚式招待状・席次表について / 文例集 / 時候のあいさつ

時候のあいさつ6月

6月は雨の日が多くなります。
関東の梅雨入りは大体6月上旬、明けは7月中旬ですから、
6月の時候の挨拶は雨にまつわる言い回しが多くなります。

お出掛けにはちょっと困る雨ですが
家でゆっくりしながら見ている雨はいいものです。

雨を眺めつつ夏から初秋の挙式の準備を進める方々へ、
恵みの雨の季節を愛でるような言葉を探してみましたよ。


差出人がご両親名の招待状におすすめ、

ちょっと格調高い漢語調なら

■初夏の候(6月中旬まで向け・夏至は6月21日頃)
■麦秋の候(梅雨入り前向け)
■向夏の候
■入梅の候
■長雨の候
■青葉のみぎり
など・・・

時候の挨拶をいろいろさがしていたら
麦秋の候、という言葉にめぐり合いました。
秋という字が入っていますが、この「秋」は作物を収穫するという意味。
麦が黄金色に実り収穫される、初夏の季語なのだそうです。
麦の収穫が終わり梅雨に入ると今度は稲が植えられる地域もあるのですよ。


すこしやわらかい感じ、口語調なら

■さわやかな初夏を迎えました(6月上旬向き)
■木々の緑も一段と深みを増してまいりました
■雨後の青葉がひときわ色濃くなってまいりました
■小雨にぬれるあじさいの色が美しい季節となりました
■紫陽花が雨に映える季節となりました
■青々とした梅の実が夏の訪れを告げる今日このごろ
■梅雨の晴れ間に夏を感じる今日このごろ
など…

6月は蒸し暑かったり梅雨寒だったりと体調を崩しがち。
皆さん、お体を大切にお過ごしくださいね。

© Winged Wheel

大阪府公安委員会 第 622170167299 号
株式会社 羽車